FC2ブログ

2008 富士山 その3~おまけです~

下山後は河口湖畔のホテルに一泊しました。
汗とほこりにまみれ、髪の毛はヘアスプレーで固めたみたいにバリバリ。
ホテルに着いたらまずお風呂に入りたかったのですが、予定時刻より1時間以上遅れてチェックインしたので、先に夕食を食べるように言われて先に食事です。

メインのお料理が選べるプランだったので、夫はステーキ、私はズワイガニを選びました。
しかも、メイン料理は食べ放題だからおかわり自由です。
お腹は空いていましたがそんなには食べられずお変わりなしです。
品数も多いのでこれだけでお腹いっぱいです。
8/2 夕食 ステーキ、ズワイガニ 河口湖センチュリーホテル

食後、待望のお風呂に入りましたが、その2の最後で紹介したとおり、手の甲はやけどのように日焼けしていて、熱いお湯がしみて、痛い。
暑がりで頭に汗をかくので日よけの帽子をかぶっていませんでしたが、山頂の紫外線はホントに強くて頭皮も相当焼けていたらしく、シャンプーしたらしみて、しみて痛かった。
富士登山で好天の時は手袋、帽子は必須です。

河口湖畔のホテルに宿泊することにしたのは、窓から富士山が見えるからで、翌朝、富士山を眺めながら「あぁ、あそこの頂上まで登ってきたんだなぁ」と感慨にふけるつもりでした。
が、残念ながら雲に隠れて全然見えませんでした。(>_<)
8/3 窓からの景色 富士山 河口湖センチュリーホテル 8/3 窓からの景色 湖 河口湖センチュリーホテル

朝食は8時半までと言われ、そんなに早くは無理なのでお昼に替えて貰いました。
11時から遅めの朝食です。みそ汁代わりに「ほうとう」がついていました。
8/2 朝食  河口湖センチュリーホテル

朝食の時、隣のテーブルに私たちと同年代のご夫婦がいて、話しかけてみたら昨夜私たちより更に遅くチェックインした富士登山の方でした。
5合目をご来光後に登り始めて、頂上に午後3時半頃到着、すぐ下山して5合目に午後8時近くになったそうです。
前夜5合目の駐車場に駐車できず、少し下ったところの臨時駐車場に停めたので、5合目に着いてから、さらに30分下るのは大変だったとのことでした。
初対面の方ですが、富士登山という共通の話題で楽しくお話し出来ました。

食後すぐチェックアウトしましたが、その後の予定は下山後の体調がわからないので何もありませんでした。
しかし、登山中不調だったのに、一晩でかなりの回復です。
脚の筋肉痛なども、去年に比べて全然ダメージ少ないです。ジムでのトレーニングで、去年よりずっと体力・筋力ついたのかも。
全然元気なので、近くを少し観光して帰ることにしました。

河口湖の隣の西湖と本栖湖の間の青木ヶ原の樹海の中にある「鳴沢 氷穴」「富岳 風穴」に行きました。
富士山の側火山・長尾山が噴火したときに溶岩流が青木ヶ原に流れ込み出来たといういくつもの洞窟の中の代表的な2つです。

まず「鳴沢の氷穴」です。
8/3 鳴沢 氷穴 売店 8/3 鳴沢 氷穴 案内板

売店で入場券を買って通路に入ると、混んでいて行列してます。
8/3 鳴沢 氷穴の行列

中は0℃と書いてありますが、外はすごく暑いです。
途中道路脇に25℃と表示されていましたが、30℃くらいありそうです。
入り口付近に来ると下から涼しい風が時々吹いてきて気持ちいい♪
8/3 鳴沢 氷穴 入り口 8/3 鳴沢 氷穴 入り口階段

階段を下って、中に入ると天井が低くて頭を下げたり、かがんだりしながらすすみます。
8/3 鳴沢 氷穴 中は狭いのでかがんで 8/3 鳴沢 氷穴 中は狭くてかがんで通る

下までたどり着くと、氷がありました。
涼しいを通り越して寒いくらいです。
天然の冷蔵庫です。
8/3 鳴沢 氷穴の氷 8/3 鳴沢 氷穴の氷

外へ出ると急に暑くて眼鏡が曇ってしまいました。
売店でソフトクリームを売っているので、この落差につい食べたくなります。なかなか商売上手。
巨峰のソフトクリームを購入。
8/3 鳴沢 氷穴 売店で巨峰ソフトクリーム

「氷穴」のあとは「風穴」ですが、樹海の中を通って徒歩30分と書いてありました。
樹海の中は涼しそうでしたが、この日は風もなく、見た目より少々暑いです。
8/3 青木ヶ原樹海の看板 8/3 富岳 風穴への道

自殺で有名な「樹海」なのでこんな看板がありました。
8/3 青木ヶ原樹海の看板

めったに見ることのない樹海の樹木、溶岩に根を絡めていて地中に深く根は張らないという珍しい感じです。
8/3 青木ヶ原樹海 8/3 青木ヶ原樹海

案内通り、30分ほど歩いて「富岳 風穴」に着きました。
こちらは割と空いています。
8/3 富岳 風穴 案内板 8/3 富岳 風穴入り口

中は「氷穴」より全然広くて、空いているので歩きやすいです。
こちらも氷がスゴイです。
8/3 富岳 風穴の氷 8/3 富岳 風穴の氷

江戸時代には夏場にこの氷を切り出して将軍に献上していたといいますが、輸送手段も冷凍手段も無い時代に、一体どれほどの大きさのものを運んで、どのくらいの小ささまで溶けてしまったのだろうかなんて考えてしまいました。

次は、富士山のお山開きの神事とお山終いの「吉田の火祭り」で有名な「北本宮冨士吉田浅間神社」に行きました。
富士山の噴火を恐れた人々の心を静めるために建てられた神社だそうで、一番古い登山道「吉田口」の1合目の登山口は本殿の奥にある鳥居だそうです。
8/3 富士吉田の浅間神社 鳥居 8/3 富士吉田の浅間神社 参道

有名な割には、ひっそり静かです。(16時までと書いてあって、15分前くらいだったからかな)
8/3 富士吉田の浅間神社 

本殿の両脇に大きなご神木がありますが、左側の「冨士太郎」と名付けられた樹齢千年の杉は息を呑む大きさです。
右側は根元が一緒で途中別れて、そしてまた一本になっている「冨士夫婦桧」。
8/3 浅間神社 樹齢千年のご神木の杉 8/3 浅間神社 ご神木の夫婦桧

ここでも無事頂上まで登れたお礼のお参りをして、お守りを買いました。

最後に、下見の時にも訪れた道の駅「富士吉田」に寄りました。
途中の道で見えたので、すぐ隣の「富士山ドーム」と後ろの富士山を撮るつもりでしたが、またまた雲に隠れて見えませんでした。
道の駅では前回同様、ジャーポットに富士山の伏流水を汲んで、売店できな粉入りのアイスに黒蜜をかけた「信玄餅ソフトクリーム」を購入。
8/3 富士吉田の旧富士山レーダードーム  8/3 道の駅富士吉田で信玄餅ソフトクリーム

ここを最後に帰途に着きました。
夏休みに入っているので混雑は予想していましたが、海老名付近と秦野付近の2ヶ所で事故のためさらに渋滞。
それでも横浜町田IC19時半過ぎに到着。まあまあですね。
遅めの朝ご飯から途中ソフトクリームを食べただけで、お腹も空いたので夕食を食べてから帰宅しました。

何を食べたか?それは、おまけのおまけで続きをどうぞ。


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ カロリーコントロールへ




続きを読む

スポンサーサイト

2008 富士山 その2~8合目から頂上そして下山~

最初の山小屋までの時間を勘違いしたことや、体調不良から予定が大きく狂ったので、2つ手前の山小屋で朝食をとりました。
でも、あまり食欲無くてゼリー飲料と菓子パンの半分くらいを食べただけ。
やっぱり軽い「高山病」なのでしょう。
だから、途中では水分補給を意識的にして、深呼吸で呼吸を整え、斜め歩きで負担を軽くして、前回は全くお世話にならなかった(7合目までだから)酸素缶も、7合目あたりからフル活用です。

8合目の山小屋で45分も休憩して朝食も少し食べたので、気合いを入れ直して上を目指しました。
そういえば、誰かが「気合いだっ!気合いだっ!気合いだーっ!」って、言ってましたね。どこかで。
山小屋毎に休憩をとって、やっと3250mまで来ました。
やっぱり、カメラにいい顔出来ずに辛そうな表情です。
8/2 3250m 元祖室 9:40 8/2 3250mまで来ました 9:41

雲があるけれど絶好の晴天で景色がホントにきれいです。
8/2 3250mを超えた景色 9:55 8/2 3250mを超えた景色 9:56

本8合目を目指して、ゆっくりでも確実に登っていこうと頑張り、3400mまで来ました。
8/2 本8合目を目指します 10:00 8/2 本8合目富士山ホテル到着 10:08

空の青さと白い雲がきれいです。頂上もはっきりと見えてきました。
でも、私は上を見ると「まだあんなにある」と思えてツライので見ないようにして登りました。
8/2 空と雲がきれい 10:50 8/2 頂上がはっきり見えてきた 10:50

本8合目を超えてからはほんとにきつくなってきて、山小屋まで待てずに途中の岩に腰掛けて休憩です。
そして、8合5勺、最後の山小屋にたどり着きました。
8合目までは、標準に近いペースで登ってこられましたが、気力も体力もそこまでだったのでしょう、8合目からは標準時間の倍かかってしまいました。
8/2 山小屋まで待てず岩でひと休み 11:13 8/2 8合目5勺ご来光館到着 11:18

残雪が残っていました。
その景色を楽しむ余裕もなく、かなりのペースダウン。
でもここで止めるわけにも行かないので(止めたって下りなきゃならない)、ゆっくりゆっくり9合目を目指します。
8/2 残雪 11:45 8/2 9合目の鳥居を目指して 11:56

8合5勺の山小屋から1時間もかかってしまいましたが、何とか9合目の鳥居までたどり着きました。

9合目の久須志神社ですが、今回の計画の最大の間違いでここを頂上の神社と勘違いしているのでタイムスケジュールの頂上はここで、以降のスケジュールは役にたたないものとなりました。
8/2 9合目の鳥居に到着 12:30 8/2 9合目の久須志神社 12:38

9合目の鳥居を少し登ったところで休憩スペースがあったので、12時半を回っているし昼食を取ることにしました。
スーパーで買ってきたおにぎりですが、ここで私は食欲回復、おにぎりがとても美味しくて2つ完食。
なんだか元気が出た気がしました。
「なんだ、お腹がすいてただけなのか」と夫が冗談まじりにいいました。
8/2 9合目の鳥居の少し上で昼食 12:44 8/2 昼食はおにぎり 12:44

気分一新。すごく回復した気がして、20分の休憩で頂上に向かいました。
夫が「上を見てご覧、もうすぐだよ」といいますが、私からすると「まだまだだぁー」という感じです。

回復したと思いきや、一向にペースは上がらず1時間近くかかってやっと頂上下の鳥居に到着しました。
8/2 9合から頂上は近くて遠い 13:33 8/2 頂上手前の鳥居に到着 13:55

そして数分で頂上に着きました。
頂上はにぎやかです。
夫は8合5勺の山小屋のトイレが使用不能になっていたので、頂上まで我慢してたようですが、その後の私のペースが異常に遅かったのでトイレに急行しました。ゴメンね。
その間私は、久須志神社にお参りして、おみくじ、お守りを買って。
8/2 頂上に到着 14:00 8/2 頂上はにぎやか 14:06

頂上に着いた安堵感(達成感ではなく)で、気が抜けて横になりたくなりました。
でも廻りはにぎやかだし、頂上の日差しが強すぎて眠ることは出来ませんでした。
8/2 私はグロッキー 14:21

頂上からの雲海です。ここへ登ってこなかったら見られない景色です。
時間も体力も気力も残っていないのでこの案内図の火口だけ見て下山することにしました。
8/2 頂上からの雲海 14:29 8/2 頂上の案内図 14:05

何とか、ここに立つことができました。我慢強くつきあってくれた夫のお陰ですね、感謝。
8/2 富士山火口を背にして 14:34 8/2 富士山火口を背にして 14:35

いよいよ下山ですが、ゴロゴロした砂利状の溶岩で足下が滑りやすいです。
人が大勢のところは砂埃が舞い上がって、息は苦しくなるし暑いのですがマスクが必要です。
先に登ったよしさんのアドバイスがあるので、転ばないように注意して下りました。
けれど、斜度がきつくなるとズルズル滑って何度も脚をとられてバランスを失い、一度は足の指をつってしまうこともあり、ホントに大変でした。
8/2 下山です 15:26 8/2 延々と続くジグザク下山道 16:35

延々と続くジグザグの下山道が終わっても、歩きにくい石畳のところがあったり、登ったり下ったりと河口湖口の下山道は長くてツライです。
特に日帰りの場合、登りで7時間前後(私の場合約8時間)歩いた後なので、ホントにツラかった。
結構元気だった夫も、この下山道では頭がボーっとしてきて、何も考えずひたすら下りてしまった言っていました。
私が足の指をつって助けて欲しいときには遙か下まで下りていたので、ひとりで頑張るしかなくて、後で会ったときにはしばしケンカ状態になってしまいました。

ケンカ状態だったお陰で(?)ほとんど休憩もせずに標準に近い3時間半ほどで下りて来ました。
頂上での「お鉢廻り」を止めても、体調不良と計画自体が間違いだらけだったので予定時刻から1時間以上遅れての到着でした。
それでもまだ明るくて、駐車場からは今登ってきた富士山がそびえているのが見えます。。
私の悪戦苦闘など関係なく泰然自若とした姿はとても美しいです。
8/2 やっと5合目に下りてきました 18:17 8/2 駐車場からいま登ってきた富士山 18:22


頂上まで登ったらおしまいにするつもりでしたが、ツライだけで、富士山を楽しむことも出来ず「ただ登っただけ」。
第一私の計画自体がずさんでいい加減だったので、悔いが残ってしまいました。
前回は7合目でリタイヤしてもそれなりに満足できたのに、今回は翌朝には「これでおしまいでいいの?」という疑問符が頭の廻りにちらついていました。
夫は「まだ来年の計画はたてるなよ」と言っておりますが(笑)

おまけですが、体調不良で頭が働かず、持っていたにもかかわらず手袋も軍手もしなかったせいで、ストックを握りしめていた手の甲がこんなに日焼けしてしまいました。
8/2 ひどい日焼けの手の甲

下りてくるまで全く考えもせず、宿泊先で落ち着くまで気が付きませんでした。
地上より日差しが強いので、ほんとにやけどと同じくらいひりひりとして痛くて大変です。
それにすごくカッコ悪い。このあと、みんなに「どうしたの?」と聞かれると思うと気が重い。
普通は、こんなことはないとは思いますが、これから登る方はくれぐれも気を付けて下さいね。

これで、今年の富士山の顛末は終わりですが、楽しんで頂けたでしょうか。
自己満足でしかないのは分かっておりますが、長い記事を最後まで読んで頂きありがとうございました。


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ カロリーコントロールへ

2008 富士登山 その1~8合目まで~

昨年7合目でリタイヤしたので、今年こそ頂上まで!
いざリベンジ!


結果は?
結論から言うとリベンジは果たしました…でも、楽しんで来られなかった…(-_-)
悔いが残った富士登山でした。(T_T)
去年は初めてなので、とても慎重に綿密に計画をしたのですが、今年は2回目の気のゆるみから、大まかな計画の上に、勘違いや計算違いがあって、結果的にはすごく無謀な計画になってしまいました。

今年は、去年山小屋で眠れなかったことから、山小屋に泊まらないということを前提に計画を立てました。
ブログ友達の「よしさん」も山小屋に泊まらないで去年も今年も山頂まで登っていられるので、私も大丈夫だろうと思って、富士山のいろいろなサイトで初心者や中高年には絶対勧めない「日帰り登山」を計画してしまいました。

計画の内容は、8月1日の夕方に5合目河口湖駐車場に入り、4~5時間仮眠をして、翌2日の早朝3時過ぎから登り始め、7合目あたりでご来光を拝み、8合目で朝食、山頂で昼食。
その後お鉢廻りをして最高峰まで行き、山頂を充分堪能してから下山して、河口湖畔のホテルに一泊して帰る、というものです。

しかし、車の中でもヤッパリ眠れず、1~2時間程度の仮眠しかとれなくて、すごい寝不足状態でのスタートになってしまいました。
もともと最低4時間くらいの睡眠がとれないと翌日の体調不良は間違いないので、実にまずい状態なのですが、気分が高揚しているのでそのままスタートしました。
天気はすごく良くて、私の不調がなければ良い富士登山になったのにと思うと残念ですが、夫はまずまずの体調だったのでいつも通り沢山の写真がありますので、少し紹介したいと思います。


1日、午後2時10分に自宅を出発。
富士山5合目河口湖駐車場手前1kmのところに午後4時半ころ到着しました。
ここで止められて、駐車場の空き待ちです。係員の人の話で20分くらいで入れると言うことでしたが、実際はもっと早くて12分で誘導されました。
駐車場に行くと、続々と下山した人が帰っていくので空いているところもかなりあります。
とりあえず車を停めて外に出ると目の前に雲がかかっていますが、きれいな富士山が。
8/1 5合目河口湖駐車場からの富士山 16:44

まだ明るいので、登山する人だけでなく、観光客も沢山います。
前回下見に来たときもそうですが、中国人観光客の多いこと多いこと。
8/1 5合目河口湖駐車場レストラン・売店 17:32

売店をひやかしたり、レストランでコーヒーを飲んだりして高度順応をかねて時間つぶし。
そうこうしているうちに日が傾き始め、きれいな夕焼けです。富士山も夕映えできれいです。
8/1 5合目河口湖駐車場からの夕焼け 18:30 8/1 夕焼けに映える富士山 18:30

暗くなってからも車の出入りや人の出入りがあります。
7時半頃から少し眠りましたが、あまり眠れません。
山小屋よりいいのは自分の空間が確保されていることくらいで、寝心地はとても良いとは言えず、うつらうつらしても首や腕や腰などが痛くなって目が覚めてしまいます。
グループで来ている人たちは、暗くなるまで宴会状態や、強者はバーベキューをやっている人たちも居ました。
お酒でも飲めれば、その勢いで眠れるのかも。

眠れないまま、2時半頃から準備を始めていよいよ出発です。
登山口の近くの小御嶽神社へ安全祈願に行きましたが、真っ暗で閉まってました。
真っ暗な中でシャッターを押したのでボケボケです。
8/2 準備を整えてそろそろ出発 3:18 8/2 小御嶽神社にお参り 3:30

真っ暗な道を最初下りそして登り、30分ほど歩いたら暑くなってきて、下に着ている長袖のシャツ1枚と帽子を脱ぎました。
まもなく6合目の「安全指導センター」の前を通り、7合目に向かいます。
7合目あたりでご来光を拝む予定でしたが、時間を勘違いしたらしく、全然手前で空が明るんできました。
しかし、雲がちょうど太陽を目隠しするような感じで日の出の時刻になっても太陽は顔を出しません。
8/2 そろそろご来光 4:39 8/2 ご来光雲にかくれる 4:55

日の出の時刻を15分くらい過ぎたころやっと太陽が顔を出して、あたりはいっきに明るくなりました。
寝不足で軽いめまい状態でフワフワした感じで歩いてましたが、なんとかまだ元気で明るい太陽に思わず笑みが出ました。
上には7合目の山小屋の連なりが見えます。
8/2 雲からやっと太陽が 5:07 8/2 いっきに明るくなった、まだ元気 5:07

このあと20分ほど登ってやっと7合目最初の山小屋に到着しましたが、体調の悪さをはっきりと自覚するようになり、でも頭痛や吐き気といった良く言われる「高山病」のようではないのでマイペースを守って登れば大丈夫かなと、休憩を予定より多くとるようになりました。

しかし、7合目からはずっと岩の険しい道が続きます。
ツライのは私だけじゃない、みんな大変そう。よじ登ります。
8/2 険しい岩の道 5:49 8/2 岩の道をよじ登る 6:01

山小屋毎に休憩をとりながら、何とか標準に近いペースで2800mまで登ってきました。
下はきれいな雲海です。
でも、まだまだ続く険しい岩の道。
8/2 2800m超えて下は雲海 6:34 8/2 まだまだ続く岩の道 6:45

直線的に登るとすぐ息が上がって軽い貧血のようになるので、道を斜めに登って斜度をゆるめて負担を軽くして、深呼吸で息を整えながらやっと3000mまで登りました。
でも、8合目までまだまだ続く険しい岩の道です(-_-;)
8/2 やっと3000m 7:14 8/2 8合目を目指してまだまだ続く岩の道 7:16

8合目が近づき険しく細い岩の道は大混雑です。
でも、それが私のペースには丁度良い。あわてずゆっくりすすめます。
そして、やっと8合目に。頂上まであと2km、180分と書いてありますが、私はあとどのくらい架かるのか…。
8/2 8合目に近づいて混雑状態 7:34 8/2 やっと8合目山頂まであと2km 7:46

私は絶不調でそれでも諦めたくないのでひたすら登り、景色を見る余裕もありませんでしたが、私の遅いペースを見守りながら夫は沢山のきれいな景色を撮ってくれていました。
天気も最高で、空の青さが違います。
8/2 3000mを超えて景色は最高 9:04 8/2 3000mを超えて景色は最高 9:04

やっと3200mまで登ってこられました。
夫がカメラを向けても、ポーズを取ったり笑ったりする余裕無く、不機嫌に下を向いています。
今になってみて、「ごめんね」と謝りたい気持ちです。
8/2 3200mまで来ました 9:20

この8合目までは後で時間を計算すると、体調不良にもかかわらず、ほぼ標準の時間(5時間弱)で登っています。
が、休憩は山小屋前だけでも1時間半を超えていて、計画は大きく狂ってきました。
長くなりそうなので、この先はまた紹介しますのでもう少し待って下さいね。


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログ カロリーコントロールへ

8/1 富士登山に出かけます♪

夫が昨夜なかなか帰ってこないので、1人で準備をしていたら、12時過ぎに帰るなり「8/1、休みを取った」というので、ひと安心。

途中まで電車で行くこともなくなり、これから一緒に出発します。
今日の夕方に河口湖駐車場に入り、明朝3時半登山開始の予定です。

夢色小町さん、hiyoさん、よしさん、コメントありがとうございましたm(_ _)m
先に登ったよしさんのアドバイスはとても参考になりました。
転ばないように気を付けて下山することにします。
リベンジを目指しますが、無理せずにケガなどないように、富士山、楽しんできます♪
そして、良い報告が出来るよう頑張ってきますね。

あと一週間

いよいよ富士登山まであと1週間になりました。
来週の今頃は、頂上に着けて居るのでしょうか?
ブログ友達ぼちぼち暮らしのよしさんが今年は、先にもう登られたみたいです。
最新情報はとても参考になって嬉しいですね。
特に同年代だし、同じルートなのでホントに役立つ情報です。
私も負けずに、山頂まで頑張らなければと改めて奮起しています。(^^)/
それに、そろそろ準備も進めなければね。


13年目に突入しました~♪


いらっしゃいませ
   現在の閲覧者数:
カレンダー
  (月別アーカイブ)
最近の記事+コメント
お友達リンク♪
お友達募集中~♪
ダイエッター、食いしん坊、
同年代etc 但し、交流の無い
方や、宣伝目的の方はお断り
します。
姪の本です ヨロシク(^^)
7冊目 新発売♪
「かんたん!かわいい!まほうの
 スイーツデコ:親子でつくる、
 はじめてつくる、ねん土や
 レジンの小物たち」

かんたん!かわいい! まほうのスイーツデコ: 親子でつくる、はじめてつくる、ねん土やレジンの小物たち</a> 
</a></td><td style=
(2012.12.04)山田 けい
商品詳細を見る


 6冊目 新発売♪
 「お菓子デコ★リアル」

山田けいのお菓子デコ★リアル</a>
</a></td><td style=
(2012.10.26)山田 けい
商品詳細を見る

 
ブログ内検索
RSSフィード
Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

プロフィール

マリラ

Author:マリラ
いつのまにか60代も半ば過ぎた
専業主婦です。

神奈川県在住
B型の牡牛座 
夫と二人暮らし
旅行や美味しい物が大好き♪
おかげで太っちょに
なっちゃった(・_・;)

12年前一念発起でダイエット!
7ヶ月で目標(58kg)達成♪
72kg→57.7kg(-14.3kg)
更に達成後約4ヶ月で
最少記録55.2kgを更新♪♪
(-16.8kg)

しかし、
じりじりリバウンド(>_<)
現在、9~10kgの
リバウンド状態。

今度こそと何回目かの
再々…チャレンジ中(^_^;)

いわゆる、よくある
万年ダイエッター(*^^*)

カテゴリー
ダイエット経過
クリック募金
1クリックでスポンサー企業が1円募金します。

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる