FC2ブログ

6/14 富士山下見

今年の富士登山計画の準備のため、下見に出かけました。
家を朝8時過ぎに出て、東名高速に乗ってすぐにラジオから「岩手・宮城内陸地震」のニュースが流れてきてビックリしました。
家に居たら震度2くらいの揺れを感じたところでしたが、車で移動中だったので気が付きませんでした。
被害情報が刻々と報じられてきて、大きな地震だったことに驚いてしまいました。
被害がなるべく少ないことを祈りながら富士山に向かいました。

家をでてから1時間くらいの東名鮎沢PAからの富士山です。(9:20)
雲が多いし、かすんでいて余りよく見えませんが、雄大な姿です。
6/14 東名鮎沢PAからの富士山

御殿場ICを出て(9:45)須走から東富士五湖有料道路で富士吉田まで行き、そこから富士スバルラインで「河口湖5合目」に行きました。
御殿場から須走までが少々混んでいましたが後はガラガラでスムーズに目的地に到着。(11:10)駐車場からの富士山です。
雲はあるものの、青空も見えて素晴らしい姿に感動です。
6/14 5合目河口湖口駐車場からの富士山

情報通り河口湖口は大きなレストランや売店があって、にぎやかです。
道路は空いていましたが、ここまで来ると結構な人がいました。
ここでも「中国人観光客」の多いこと。
世界に誇る富士山だから当然かも知れませんが。
登山道入り口付近には馬が数頭いて、呼び込みも盛んです。
6/14 富士山5合目河口湖口 レストラン・売店 6/14 富士山5合目河口湖口の馬

登山道の入り口ですが、「6月30日迄は危険なので通行禁止」と書かれているにもかかわらず人が入って行っています。
登る気もなさそうな観光客なのですぐ引き返してくるのでしょうが。
6/14 富士山5合目河口湖口 登山道入り口

登山道入り口の左側に小御嶽神社がありました。
まだ先ですが、無事登れるようにお参りしました。
珍しい扇形をしたおみくじがあったのでひいてみました。私が中吉、夫が末吉、まずまずですね。
6/14 富士山5合目河口湖口 小御嶽神社 6/14 小御嶽神社の扇型のおみくじ

河口湖口の駐車場を出て少し行くと、「奥庭自然公園入り口」の看板が。
「寄生火山徒歩3分」と「展望随一」という言葉に惹かれて行ってみることに。
まずはドンドン下りますが、3分ではとても着ききそうにはありません。
6/14 富士山5合目奥庭入り口看板 6/14 奥庭自然公園への道

結局10分ほど歩いて展望ポイントに着きました。(12:25)
(帰りは登りなので、15~20分)
少し曇りがちになってきましたが、ここからの富士山の眺めもまた素晴らしいです。
6/14 奥庭自然公園からの富士山

徒歩時間にはだまされましたが、展望はなかなかでした。
この後はお昼を食べるために河口湖に向かいました。

昼食後は、昨年も来た湖畔の「大石公園」に「ラベンダー」を見に行きました。
ここからも素晴らしい富士山が見えるはずですが、雲がかかって下の方しか見えませんでした。残念!(14:55)
6/14 河口湖からの富士山

今年は去年より寒い日が続いたせいか、あまり咲いていませんが、昨年のどしゃぶりと違って晴れているので気持ち良いです。
名前はわかりませんがラベンダー以外にも綺麗な花が咲いていました。
6/14 河口湖畔 大石公園のラベンダー 6/14 河口湖畔 大石公園の?の花

河口湖を後にして富士吉田に行くと、「道の駅 富士吉田」の隣に、かつて富士山の測候所に設置されていたレーダードームがありました。
6/14 道の駅富士吉田にある富士山レーダードーム DSCF8063274.jpg

レーダーの向こうにも富士山が見えるはずですが、やっぱり雲で見えません。
(16:15)
6/14 道の駅富士吉田にある富士山レーダー

ここを最後に帰途につきました。
梅雨の晴れ間に素敵な富士山を観ることが出来て、ますます夏の登山が楽しみになりました。
登山まであと1ヶ月半、無事頂上制覇できるようトレーニング頑張ります。

食べ物その他を続きで紹介しています。興味のある方はどうぞご覧下さい。(^o^)


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログへ

続きを読む

富士登山 その3

7月22日つづき

須走口頂上から最高峰の「剣が峰」と「測候所」のある地点は火口をはさんで丁度反対側になります。
天気も良好だったので、最高峰を目指して火口の廻りを一周する「お鉢巡り」にも行ってきたそうです。
7/22 火口の反対側最高峰 7/22 お鉢廻りで最高峰へ

「お鉢巡り」は時計回りで1時間半くらいです。
30分ほどで「御殿場口」の山頂付近にある「銀明水」という「霊水」がわき出る所に着きました。
7/22 浅間大社奥宮 銀名水

そのすぐ隣は「富士宮口」の山頂。浅間大社の奥宮があって、沢山の人でにぎわっています。
ここに郵便局もあります。
7/22 浅間大社奥宮  7/22 富士宮口山頂 郵便局

須走口の山頂に着いた頃は暑いくらいだったのに、ここへきて風が少し出てきたら急に寒くなったそうです。雪がまだ残っているくらいだから気温は低いのでしょう。
最高峰がだいぶ近づいてきました。
7/22 虎岩にのってる? 7/22 最高峰 剣が峰と測候所

最高峰まであと少しのところを登って、測候所に到着しました。(10:00)
7/22 最高峰にあと少し 7/22 最高峰 測候所

ここまできたら、空気が薄いので、酸素吸入で一息。
7/22 最高峰は空気が薄い酸素吸入 7/22 最高峰は空気が薄い酸素吸入

最高峰「剣が峰」の碑の前で記念写真。
最高峰の「二等三角点」。
地図などの基準になる地点で、正確な緯度、経度、標高が表記されています。
7/22 最高峰 剣が峰の碑の前で 7/22 最高峰 2等三角点

測候所の展望台です。
最高峰から見た「雲海」は最高の眺めだったことでしょう。
7/22 最高峰 測候所の展望台 7/22 最高峰 測候所の展望台からの雲海

最高地点から見た火口です。
7/22 最高峰から見た火口

このあとぐるりと廻って、須走の頂上付近に戻ったところで(11:25)7合目にいる私との携帯がやっとつながりました。
7合目辺りは流れる雲の中にあって小雨模様であることを知らせることが出来、悪天候にならないうちに下山しなければということに。
上からも下に雲が出てきているのは分かったようです。
7/22 下を見ると雲が出ている

7合目にみんなが降りてくるまでに荷物をまとめたり、身支度を調えたりして待つことに。
登るのに4時間ほどかかっているので、降りてくるのには2時間はかかるだろうと思っていたら、ビックリ、1時間で降りてきました。(12:30)
待っていた太陽館で、お腹が空いていた私は、「ラーメン」、夫は「豚汁うどん」を注文しました。
あとの2人は上でいろいろ食べたので要らないとのこと。
7/22 7合目太陽館で昼食 ラーメンと豚汁うどん

しかし、夫はうどんを半分も食べられませんでした。
後で2人に聞いたところ、頂上についてから少し元気がなくなってキツそうだったと言うから、軽い「高山病」だったのかも知れません。
本人は「そんなことない、足にタコが出来ていただけ」と言い張っていますが。
昼食を済ませ荷物をまとめ、小雨模様だったので雨支度で下山を開始しました。(13:10)

次のポイント「砂走り五合目」の「吉野屋」までは1時間半くらい、更に須走新5合目までは30分とのこと。
私の脚力を考えると多分もう少しかかると思っていましたが、ここからは何と、私はなかなか快調で、夫や同行の彼女のほうが脚が痛くなっていたようで、苦戦しておりました。
7/22 7合目から砂走りを下山

夫の不調を物語るように、登りでは先へ行っては写真を撮っていたのが、下りではずっと私の後を歩き、写真はこれ一枚きりです。
「雨が時々降っていたし、下るのが早くて、撮る暇がなかったからだ」と言い張っておりますが。

心配した天候はあまり悪くならず、時折霧雨のような雨が降る程度で、須走5合目には14:40に到着。15:00発のバスに間に合いました。
頂上を諦めて体力を温存したお陰で、1時間30分で下ることが出来て、本当にホットしました。
元気だった他のメンバーの疲労困憊ぶりを見ても、やはり7合目で止めておいて正解だったと今更ながら思います。
もし、無理して一緒に頂上まで行っていたら、最終のバス(18:10)にも間に合わなかったかも知れないと思うとゾッとします。

いろいろ大変ではありましたが、何とか無事に富士登山を終えることが出来ました。
御殿場駅に戻る15:00発のバスにも乗れて少し時間も出来たので、駆け足ですが温泉に寄り、美味しい食事も楽しめました。
御殿場発19:45の高速バスで帰途につき、1時間強で帰宅となりました。

7合目の太陽館でもらった宿泊証明書と頂上で貰った「六根清浄」のお札です。
7/22 太陽館宿泊証明と頂上でもらったお札

富士登山の記録「金剛杖」です。
嬉しい頂上の「刻印」と下山の最後の山荘で貰った誇らしい「完全制覇」の焼き印。
7/22 焼き印を押した金剛杖 7/22 金剛杖 頂上の刻印 7/22 金剛杖 最後の焼き印 完全制覇

これで、一生の想い出となった「富士登山」の報告は終わりです。
最後まで読んで頂きありがとうございました。
下山後の様子は続きをご覧下さい。


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログへ


続きを読む

富士登山 その2

7月21日続き

登山は初めての経験なので、もちろん山小屋に泊まるのも初めてです。
富士山のサイトで情報を得ていて一応知識としてはありましたが、実際に泊まってみたら実に大変でした。
山小屋の中に入ると真ん中に通路があって、その両側に寝る場所が作られています。
間仕切りは無く、一面に布団が敷き詰められ、その上に寝袋が並べてあるだけです。
「3階に3人、2階に1人」と言われて通された場所は、2階は1階と同じ感じで、3階はいわゆる屋根裏の様なところ。2畳くらいの広さの所に3人寝ます。
階段のスペースはなく、はしごのような階段を人の足を踏まないように上り下りするので、これも一苦労です。
灯りはなく、日が落ちたら真っ暗で懐中電灯が無いと何も見えません。
7/21 7合目太陽館の寝場所3階 7/21 7合目太陽館の寝場所2階

3階は高さも無く狭いので身体の大きい彼が2階に寝て、私たち夫婦と彼女が3階に寝ました。
翌朝ご来光を拝むために4時起床の予定。他に居場所もないので多分7時前に寝ました
周りの人も早々と寝始めていますが、まだまだ続々と到着してくるので、夕食の順番を呼ぶ声、新しく入ってきた人たちの話し声や荷物を整理する音、懐中電灯の灯りが飛び交っています。
疲れているので少しは眠れるかと思いましたが、ウトウトする位で、音や光が気になるし、昼間の登山と寝床のせいで体中が痛み全然眠れません。眠るのにもエネルギーがいるんですね。
結局、ほとんど一睡も出来ずに朝を迎え、この体調で7合目までよりきつくなる頂上までの登りとその後5合目までの下りも考えたら、到底無理と言う結論を出しました。

7月22日

頂上は諦めても、ご来光は拝みたいと思って4時に起きましたが、雲が多くて残念ながら見えませんでした。
3人は身支度を調えて4時半に頂上を目指して出発していきました。
私は1人見送りました。
7/22 7合目 3人で出発 7/22 7合目 お見送り

ここからは、写真と夫の説明だけなので、実体験ではありません。
30分ほどで本7合目(3250m)瀬戸館に到着。ここから上は、山小屋の前に必ず鳥居があったと言ってました。
7/22 本7合目 瀬戸館前

このころまでは上空は雲がいっぱいだったようですが、少し立つと青空が見えてきて、快晴に向かっていたようです。
7/22 上空は雲がいっぱい 7/22 8合目を仰ぎ見る

本8合目(3400m)に6時過ぎに到着して、山小屋で用意して貰ったお弁当を食べたようです。
実は、私もこのお弁当を7合目の山小屋前の椅子に腰掛けて1人で食べました。
このお弁当、夕食の時に渡されて、あの暑い寝場所に一晩おいておいた物。フタを明けた途端、ちょっと怪しい匂いが。でも、他に食べるものが無いので食べました。
他の3人も同じ感想でしたが、誰もお腹壊さなかったので、ギリギリOKだったのでしょうね。
7/22 朝食用お弁当 7/22 本8合目で朝食

8合目からは河口湖口からの登山道と合流したら、混んできたので列になって登ったようです。
このころになると山頂付近はすっかり快晴。空がとってもきれいです。
山頂付近の空の色は青さが濃いというか普段見る青空とは全く違って、本当にきれいだったと夫が言っておりました。
9合目(3600m)には7時10分頃到着しましたが、山小屋は無いので通過。
7/22 山頂を見ると快晴 7/22 9合目 山小屋なし

須走口の頂上(3720m)に8時頃到着。
鳥居の後ろは久須志神社(東北奥宮)です。
7/22 山頂の鳥居前 7/22 須走山頂 久須志神社

ここで夫は焼き印(刻印?)をもらい、彼女は日の丸を買って、記念スタンプ。
7/22 山頂で焼き印 7/22 山頂で日の丸に記念スタンプ

山頂は快晴ですが、下は雲海。まるで絵に描いたようなふわっとした雲が。
そして、山頂の碑の前で記念写真。満足そうな笑顔です。
7/22 山頂でみた絵のような雲 7/22 山頂で

山頂の真ん中は火口です。残雪も残っています。
少し前まで暑かったのに、風が吹いたら急に寒くなって、山頂の気温は風1つで大きく変わるようです。
反対側を見ると山頂の4軒ほどの山小屋が見えます。お土産なども売られているそうで、にぎやですね。
7/22 山頂火口の前で 7/22 山頂の山小屋

本日も最後まで読んで頂きありがとうございました。
残りは「その3」に続きます。「その3」では帰りの食事の写真もアップしますのでお楽しみに!


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログへ


富士登山 その1

7月21、22日で富士山に登ってきました。

メンバーはジムで知り合った友達夫婦と私たち夫婦の4名です。
友達夫婦は25歳、私が50代、夫が40代と、体力差歴然ですが、「富士山に登りたい」という気持ちがありながらも、自分達だけでは踏み切れなかった二組の夫婦が、4人という人数になることで実現した計画です。
ホントを言うと、私は登りたいと言う気持ちはありませんでしたが、夫の長年の夢だったので、この機会を逃したら一生叶えることは出来ないと思って、私自身は「清水の舞台」から飛び降りる気持ちでの参加です。

他の3人は忙しいので私が具体的計画を立てることに。
もっとも、体力に自信のない私でも登れるような計画は自分で立てるしかないから丁度良かったのですけどね。
前置きはこのくらいにして、その格闘ぶりをご紹介します。


7月21日

天気予報では、登山口の須走が曇りで富士山頂が曇り時々雨。
とりあえず登山口まで行って様子を見ることに。まずは最寄り駅で待ち合わせ、小田急線で新松田駅まで行って、JR松田駅からJR御殿場駅まで。
途中JR松田駅のホームで早くも腹ごしらえ。
7/21 JR松田駅ホーム

御殿場駅前には富士山のモニュメントが。下の石が富士山で上のヒトダマの様なのは雲だそうです。
7/21 御殿場駅 富士山モニュメント

御殿場からは1時間ほどバスに乗って須走5合目まで。
須走の登山口は情報によると一番マイナーな登山口で、土日でも空いているとのこと。
そうはいっても夏休みが始まって初めての土日なので、多少は混んでいるのではと思っていたけれど、天気が良くないせいか、途中の道路は割と空いていた。
でも、須走の駐車場に近づくと路駐の車が多くなり、元々広くない道路は片側通行の様な状態になり少し渋滞。
一番マイナーなところでこうなら、メジャーな河口湖口や富士宮口はスゴイ混雑しているのかも。
それでもほぼ予定通り到着。

登山口の山荘の呼び込みが盛ん。手前の店で夫は金剛杖を購入。
ここはすでに標高約2000m。自覚するほどの違いは感じられないけれど、体力にも脚力にも自信のない私は富士山のサイトで得た情報通り「高山病」にならないように、ここで「高度順応」をするために昼食の予定。
メニューが豊富だった奥の店に決めた。情報通り「椎茸茶」が出てきた。お茶というよりスープの様で美味しい。
7/21 須走登山口 茶店

私は力が出るよう「力うどん」を、夫と若夫婦は「すき焼きうどん」を注文した。
力うどんにお餅が2つ入っていたので、夫にひとつあげて「すき焼き力うどん」になりました。
お店の人には失礼な話しだけれど、こういうところなのであまり期待していなかったのに、すごく美味しかった。
7/21 須走登山口 すき焼きうどん+お餅 7/21 須走登山口 茶店で昼食

思いの外、うどんが遅かったので充分すぎる位の「高度順応」が出来た。
案内看板の前で記念撮影。いよいよ「登るぞ」という気持ちになってくる。
そして、ここから上はトイレは有料。100円払ってトイレを済ませていざ出発!(12:30)
7/21 須走登山口  7/21 須走登山道入り口

登り始めてすぐのところに「古御岳神社」がある。
7/21 須走 古御岳神社

みんなで登山の無事を祈る。
7/21 須走 古御岳神社参拝 7/21 須走 古御岳神社参拝

最初のポイント6合目を目指して登ります。
体力脚力が他のメンバーに劣る私は、その上「高山病」になってしまったら、みんなに迷惑がかかる。それどころか計画自体中断しかねない。
なので「高山病」にならないためのアドバイス通り「ゆっくり目に登り始め、意識的に大きな呼吸をし、こまめな水分補給」を心がけます。
7/21 須走5合目から6合目 登山開始 7/21 須走5合目から6合目 水分補給

同行の2人とはダブルスコアの年齢差、体力の差は歴然です。
それぞれのペースで登らないとお互いに疲れてしまう。
最終、今夜の宿泊先で合流できれば良いことにして、それぞれのペースを守って登ることに決めた。なので彼らはどんどん先を行く。
7/21 須走5合目から6合目 ひたすら登る 7/21 須走5合目から6合目 同行夫妻先を行く

1時間以上歩いたので、リュックをおろし座って休憩。まだ大した差ではないので一緒に休憩できた。
登り初めは曇りで肌寒かったのに、途中から晴れてきて暑くなった。標高が高いせいで日差しは相当強くて肌がピリピリする。
暑いので、ウィンドブレーカーを脱ぎたいけれど、虫が多いのと日焼けが心配で脱ぐに脱げない。汗ビッショリです。
首や手に日焼け止めクリームを塗りました。
7/21 須走5合目から6合目 腰をおろして休憩 7/21 須走5合目から6合目 晴れてきたので日焼け止めを

名前は分からないけれど、高山植物が目を楽しませてくれる。

7/21 須走5合目から6合目 高山植物-1 7/21 須走5合目から6合目 高山植物-2

木立が無くなってきて、背の低い植物だけになってきた。
高度が高いので、幾分息が苦しくなる感じはあるけれど、大山のように階段状ではないので、膝への負担も少なく思ったよりも登りやすい。
7/21 須走5合目から6合目 樹木がなくなる 7/21 須走5合目から6合目 ひたすら登る-2

傾斜が少しきつくなってきた。
同行の2人は相変わらず先を行きます。
7/21 須走5合目から6合目 傾斜が少しきつくなる 7/21 須走5合目から6合目 同行夫妻先を行く2

晴れていたら頂上が見えるはずだけど、雲がかかっていて見えない。
7/21 須走5合目から6合目 頂上は雲で見えない 7/21 須走5合目から6合目 ひたすら登る-2

やっと、6合目(2400m)長田山荘に到着。(14:27)
前を行く2人に少し遅れたけれど、ほぼ予定通り。
7/21 須走5合目から6合目 ひたすら登る-3 7/21 6合目長田山荘到着

まだ、みんなで一緒に休憩して記念撮影が出来た。
7/21 6合目長田山荘 休憩 7/21 6合目長田山荘到着 みんなで記念撮影

富士山のいろいろなサイトで「スナック菓子の袋がパンパンになる」というのを読んで、実際に体験したいと持ってきたスナック菓子。情報通りパンパンです。
7/21 6合目長田山荘 スナック菓子パンパン 7/21 6合目長田山荘 スナック菓子パンパン-2

夫はここで金剛杖に焼き印をして貰った。(焼き印はどこでも有料です)
天気はここへ来てすっかり快晴になりました。
7/21 6合目長田山荘 杖に焼き印 7/21 6合目長田山荘 快晴に

6合目を出発(14:50)してから約40分ほど経過。あと少しで本6合目(2700m)瀬戸館。
少し雲が出てきた。
上から「頑張ってー!」の声援が来て、やっと到着(15:30)したけれど、先着の2人はほぼ入れ違いで先に出発して行った。
7/21 本6合目瀬戸館 少し雲が 7/21 本6合目瀬戸館下

ここでも杖に焼き印を。
7/21 本6合目瀬戸館 杖に焼き印

これから、今夜の宿泊先7合目(約3000m)太陽館を目指します。
相変わらず先を行く2人。雲が多くなり、山頂は全く見えない。
7/21 7合目太陽館をめざす 7/21 7合目太陽館をめざす 山頂は雲で見えない

緑が少なくなってきて、道はだんだん険しくなってきた。
途中でたったまま休憩、足のストレッチ。
7/21 7合目太陽館をめざす-2 7/21 7合目太陽館をめざす-3

もう少しで7合目。やっと太陽館が見えてきた
16:40、ほぼ予定通り7合目太陽館に到着です。
7/21 7合目太陽館をめざす-4 7/21 7合目太陽館が見えた

到着順に夕食で私たちは17:30でした。
メニューはハンバーグ、切り干し大根、たくあんと昆布の佃煮、豚汁とご飯が食べ放題です。
富士山の山小屋のメニューとしては豪華な方らしいです。
7/21 7合目太陽館の夕飯

まだ早いので夕食後外へでて、記念撮影しました。
7/21 7合目太陽館前で記念撮影

山小屋の前から下を見ると素晴らしい雲海です。
雲の間から、どこかの山の頂上が見えています。
こんな景色を肉眼で見るのは初めての経験、ただ感動です。
7/21 7合目太陽館前の雲海 7/21 7合目太陽館前の雲海-2

一日目は何とか無事終了しました。
最後まで読んで頂いてありがとうございました。続きはまた次にします。


また、この程度なら「私も登れるかも」と思われた方や富士山に興味を持たれた方のために、私が参考にさせて頂いた素晴らしいHPを紹介しておきます。

あっぱれ!富士山
後悔しない富士登山
はじめての富士登山


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログへ

7/22 富士山登ってきました。

7/21(土)、22日(日)で富士山へ登ってきました。
結論から言うと、私は7合目までにしました。
頂上へは登れませんでしたが、私なりに満足のいく「富士登山」になりました。
簡単ながら、この報告が出来るくらい体力を残して戻って来られたので、二日目の頂上へのトライを止めたことは正しい選択だったかなと思っています。
詳しくは、後日記事にしますので楽しみにして下さい。


ブログランキングに参加しています。ポチッとヨロシク!

FC2ブログランキング
にほんブログ村 ダイエットブログへ

13年目に突入しました~♪


いらっしゃいませ
   現在の閲覧者数:
カレンダー
  (月別アーカイブ)
最近の記事+コメント
お友達リンク♪
お友達募集中~♪
ダイエッター、食いしん坊、
同年代etc 但し、交流の無い
方や、宣伝目的の方はお断り
します。
姪の本です ヨロシク(^^)
7冊目 新発売♪
「かんたん!かわいい!まほうの
 スイーツデコ:親子でつくる、
 はじめてつくる、ねん土や
 レジンの小物たち」

かんたん!かわいい! まほうのスイーツデコ: 親子でつくる、はじめてつくる、ねん土やレジンの小物たち</a> 
</a></td><td style=
(2012.12.04)山田 けい
商品詳細を見る


 6冊目 新発売♪
 「お菓子デコ★リアル」

山田けいのお菓子デコ★リアル</a>
</a></td><td style=
(2012.10.26)山田 けい
商品詳細を見る

 
ブログ内検索
RSSフィード
Powered By FC2

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

プロフィール

マリラ

Author:マリラ
いつのまにか60代も半ば過ぎた
専業主婦です。

神奈川県在住
B型の牡牛座 
夫と二人暮らし
旅行や美味しい物が大好き♪
おかげで太っちょに
なっちゃった(・_・;)

12年前一念発起でダイエット!
7ヶ月で目標(58kg)達成♪
72kg→57.7kg(-14.3kg)
更に達成後約4ヶ月で
最少記録55.2kgを更新♪♪
(-16.8kg)

しかし、
じりじりリバウンド(>_<)
現在、9~10kgの
リバウンド状態。

今度こそと何回目かの
再々…チャレンジ中(^_^;)

いわゆる、よくある
万年ダイエッター(*^^*)

カテゴリー
ダイエット経過
クリック募金
1クリックでスポンサー企業が1円募金します。

ブログランキング参加中

FC2Blog Ranking

QRコード
QR
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる